トップへ戻る 概略 音楽歴 掲示板 評論
midi mp3 日記 試聴

We sympathize with Yusuke.

裕介作品の評論 〜We sympathize with Yusuke.〜

・裕介作品の評論・批評ページです。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

告白を聴いて・・・  / 評:あっきー

「告白」は「告白」でも「愛の告白」でないのが
松本さんぽいですね!
このような重めなバラードがやっぱり好きです
松本さんの歌には人生を考えさせられるものがあります!
「ごらん世界は美しい」というしめくくりで救われるような気がします。ありがとう、涙。


MIRAI  / 評:さだまさし

豊かな海外体験が、豊かな音楽を作り上げた


1stアルバムについて  / 評:テント

世間の流行に左右されず、バラード系で統一されている。自分は、つい、メロディだけを追ってしまい、ふだん、歌詞をあまり聴かないのだが、氏の繊細な感性、生き方に対する真剣さが、一つ一つの歌詞から、鋭く強く、伝わってきた。寂しいと思う心を押し殺したりせず、小さなことにも感動して、きちんと歌にできるのがすごいと思う。また、最近の歌謡曲にありがちな、かっこいい英語を並べたり、エフェクトで歌声をごまかす、といったことをしておらず、ハスキーで情感的な歌声からストレートに迫る”何か”がある。


「松本裕介」  / 評:作家・菊田圭

僕は作家の立場から「松本裕介」の詞世界を観ていきたいと思う。

「松本裕介」の素晴らしいところ。それは問題提起をし、
その問いに対して答えを提示しているところ。
『生きる』では「愛」と「夢」について。彼自身の見解。
いや、価値観が示されている。答えを提示すること。
ア−ティストならば当然の事なのだが、
果たしてどれだけのア−ティストが自身の価値観をさらけ出しているだろうか?
ごく僅かしか居ないのではないだろうか。
オブラ−トに包んだような歌詞がもて流行されている日本のミュ−ジックシ−ン。
そんな中で僕が出会ったア−ティスト「松本裕介」は異彩を放っている。
『君を求めて』では何を得ても君を求め続ける姿が痛いくらい伝わってくる。
まさにオブラ−トに包まない歌詞だからこそ成せる技である。
そして「君が僕の真実」と答えを導き出している点で
極めて完成度が高い作品ではないだろうか。

そしてアルバムのタイトルチュ−ンになっている『未来』では
「愛し君よ 信じるものへ 情熱の限り 向かえばいい」と未来に向け、
進むべき方向性を指し示している。
彼のナンバ−で最もスピリチュアルな歌詞になっていると思う。

先が見えない時代だからこそ一人一人が強い意志をもっていかなきゃいけないと思う。
彼の音楽を通じて、人生・愛・社会などについて考えてみてはどうだろうか。
皆それぞれに何かが変わるかるかもしれない。


「都会の片隅」を聴いて  / 評:じゅん

お世辞ではなくいい詩ですね。  思わず聴き入ってしまいました。

最近の”商業的な歌”と違って歌詞がスーっと入ってきてかなりイイ感じです。

これからも裕介さんの詩を沢山作っていってください。

そして俺らリスナーに希望を与えてください。


RED ROSEのような曲をもっと!  / 評:まさ坊

私はジャズピアノが大好きだ。だからyusukeには非常に惹かれている。
その中でも私の中のフィーリングとすばらしくマッチするのがこのRED ROSEだ。
かっこいい…、cool ! 音楽を演るなら、やっぱ、こういうカッコイイ面もなくちゃ!と思う。

以前、この曲についてyusukeに訊いてみたとき「俺的にはこういう曲は、かなり限界だ」のようなコメントをもらったことがある。
しかし俺は声を大にして言おう、限界に挑戦し続ける姿こそ表現者(=演奏者)のあるべき姿だと!
今聴いても色あせないこのRED ROSEのような曲をまた作ってほしい。


「バラ色の」を聞いて  / 評:かかし

テンポと切れの良さが好き。

ピアノがこんなに力強い楽器だって思いませんでした。

生演奏を聞きたいです。


夕暮れ泣きを聴いて  / 評:Paso

夕暮れ時って、一人で色々抱え込んでいる時、
立っていられなくなるぐらい寂しくなること、ありますよね。
赤ちゃんみたいに泣いちゃえばいいんだけど、
大人だからとりつくろって、平気なふりをしちゃう。
この曲聴いてて、昔のこと思い出しました。
人は一人で生きてるわけじゃないから、
一人で荷物を背負い込む必要もないんですよね。
この歌、孤軍奮闘している人みんなに聞いて欲しいです。
本当は誰も「孤軍」じゃないんだって知って欲しいです。


何で6月?  / 評:JUNE

かっこいい!!これは何??
缶ビール片手に、ビーチでステップを踏みたくなる感じ!
何でこんなに心地いいのかな。
よくよく歌詞を聞くとすっごく切ない内容なのに、
「愛さらば、夢さらば」とか言っているのに、
その切なさをこんなふうに気持ちよく聞かせるなんて!
これがJAZZってものなのかしら。


カーテンを聴いて  / 評:ていたらぼっち

軽快な音に、目の前に爽やかな光景が広がる。
白いレースのカーテンが気持ちのいい秋の朝の風に
なびいている様子が目に浮かぶ。
聞いているだけで幸せになる曲。


menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -